HOME SITE MAP

〒556-0011 大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー8F

06-6648-4133
レーザー治療について症状別にみたレーザー治療レーザー治療Q&Aダイビングによる耳・鼻の障害

突発性難聴

耳鼻咽喉科中村クリニックについて
MOBILE SITE
耳鼻咽喉科中村クリニック

突発性難聴とは?

突発性難聴とは?

突発性難聴とは、その名の通り、ある時に突然発症する難聴です。それまで耳に何も異常のなかった人が、突然ある瞬間に聞こえが悪くなったり、朝起きた時に聞こえの悪いのに気がついたりなどの形で発症します。
最近では難聴の自覚が無く、低い音だけが聞こえにくくなる低音障害型のタイプが非常に多くなっています。

耳鳴り、耳閉感、めまい、響き、など、難聴以外にも様々な症状を伴うこともあります。
ほとんどの場合片耳だけに起こりますが、両側性の場合もまれにあります。

突発性難聴とは?

症状の程度が低い場合には、疲れがたまっているせいだとか、風邪をひいたからかな?、など安易に考えられがちです。
患者数は最近増加傾向にありますが、この病気がまだ世間一般に広く知られていないこともこの傾向の原因になります。従って治療開始が遅れる場合が数多くあります。
特にバリバリ働かれていて徹夜続きやストレスが溜まっているような方は要注意です。
難波で開業してこの病気のあまりの多さに驚いています。

検査

まず視診で鼓膜の異常の有無、純音聴力検査で難聴のタイプを調べます。
そのほかに、めまいのある方には眼振(めまいが生じているときに出る異常な目の動き)を見たり、必要に応じて脳や聴神経に異常がないかを調べるために、他院で頭部のMRIを撮っていただく場合もあります。

治療方法

当院の治療は、まず内服による投薬が中心となります。主に用いられるのがステロイドという抗炎症作用のあるホルモン剤です。一定量のステロイド剤を数日間投与した後に徐々に減量してゆく漸減療法が一般的です。
低音障害型では自然に軽快する場合もあり、ステロイドを使用しないときもあります。また同時にビタミン剤や代謝賦活剤、循環改善剤、自律神経調節剤なども使用します。その他、星状神経節ブロックや高圧酸素療法を施行する施設もあります。

この病気は、出来るだけ早く治療を開始し、安静にし、めまいを伴わないタイプほど治りやすくなります。

pagetop