HOME SITE MAP

〒556-0011 大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー8F

06-6648-4133
レーザー治療について症状別にみたレーザー治療レーザー治療Q&Aダイビングによる耳・鼻の障害

子供の耳・鼻・のど

耳鼻咽喉科中村クリニックについて
MOBILE SITE
耳鼻咽喉科中村クリニック

急性中耳炎

急性中耳炎

中耳炎は、鼓膜の内側にある中耳の粘膜に、細菌などが進入して炎症が起きる病気です。
急性中耳炎は、子供に多い理由は、耳の構造上の問題にあります。中耳から鼻の奥につながる管を耳管といいます。大人の耳管は細長く、咽頭から中耳に向けて角度がついているのですが、子供の耳管は大人より太く短く、水平に近い状態になっています。このため、鼻やのどからいろいろな細菌が入りやすいのです。

さらに子供は免疫力が弱く、風邪をひきやすいということも、中耳炎が多い理由の一つです。風邪をひいていると、鼻や喉にいる細菌などが、耳管を介して中耳に入り込み、急性中耳炎を起こすきっかけになるのです。
急性中耳炎が治りきらずにいると、滲出性中耳炎や慢性中耳炎に移行することもあるので、なるべく早く耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。
痛みが止まったり、耳だれがなくなったりしても、勝手に薬の服用をやめると、再発したり慢性化して難聴になる危険もあります。
症状が消えても炎症はまだ残っていますから、必ず医師の指示どおりに薬を服用してください。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥の中耳に液がたまり、きこえが悪くなる病気です。
高いところにのぼったときに感じる耳のつまった感じや、難聴、耳鳴りがおこります。鼓膜は奥にひっこんでいて、その裏に滲出液がたまっているのが見えます。ティンパノメトリーという検査では、鼓膜の動きが悪くなっているのが分かります。

滲出性中耳炎

治療は、軽度のものでは、鼻の処置、鼻から耳管を通して中耳に空気を入れる通気療法、粘液調整剤などの内服療法を行います。経過の長いものなどでは必要に応じて鼓膜を切開してたまった液を取り除いたり、切開した鼓膜に小さなチューブを入れて中耳の換気をうながしたりします。また、アデノイドが大きいときには治りにくいので、入院の上アデノイド切除術を行うこともあります。

滲出性中耳炎は子供に多い、最近増加している病気です。また中耳炎の後にも良く起こります。お子さんが大きな音でテレビを見ていたり、よく聞き返したりするときには注意が必要です。なるべく早く耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

耳垢

耳垢は疾患というより皮脂腺と耳垢腺からのむしろ生理的産物です。
これらの分泌物の割合によってかさかさに乾燥した人から、べたべたの軟性耳垢の人まで様々です。
よく子供さんの耳を掃除していて軟性耳垢を耳だれと勘違いして耳鼻科を受診される方や、べたべたの耳垢を病気と勘違いされている方がみえますが、耳垢は病気ではありません。
それでは、耳垢はそのまま放っておけば良いのかというとそうではありません。耳垢は掃除をしないとやがて硬く固まってしまうからです。
これを耳垢栓塞といいますが、こういう状態の時に耳の中に風呂の水やプールの水が入ると、固まった耳垢がふやけて外耳道を完全に塞いでしまい耳が聞こえにくくなってしまいます。
耳垢がうまく除去できない時には無理をせず、なるべく早く耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

小児副鼻腔炎

小児副鼻腔炎

副鼻腔炎とは鼻腔から副鼻腔にバイ菌が入り、炎症を起こした状態をいいます。副鼻腔の粘膜が腫れたり、副鼻腔に膿汁がたまったりします。
小児は鼻腔と副鼻腔とのつながりが広いため、簡単にバイ菌が侵入します。また、空洞が狭いため、すぐに膿が一杯になって、鼻腔にでてきます(青バナ)。

青バナがでたり、ノドに膿がまわっている状態が確認できたら、副鼻腔炎と思ってほぼ間違いはありません。この病気はよくアレルギー性鼻炎と一緒に起こりますので、鼻炎のような症状が長引くなあと思われたらすぐに耳鼻咽喉科を受診してください。
鼻汁が緑色をしている、いわゆる青バナや黄バナはバイ菌の感染の証拠です。そのような場合には抗生物質を処方いたします。なるべく短期間の服用で済むようにしていますが、鼻水が長引きマクロライド系という抗生物質を長期に内服する場合もあります。

pagetop