HOME SITE MAP

〒556-0011 大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー8F

06-6648-4133
レーザー治療について症状別にみたレーザー治療レーザー治療Q&Aダイビングによる耳・鼻の障害

症状別にみたレーザー治療

耳鼻咽喉科中村クリニックについて
MOBILE SITE
耳鼻咽喉科中村クリニック

レーザー治療診療室

現在、レーザー治療は様々な医療機関で使われています。

  • 近視矯正や白内障などの手術
  • シミ・アザ・ホクロなどを取る手術
  • 鼻炎や鼻の中のポリープを取り除く手術
  • いびきの治療
  • 脱毛治療
  • 脳外科や心臓などの手術(内視鏡手術)

症状別にみたレーザー治療

アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎には大きく分けて、ハウスダスト・ダニなどに代表される一年中症状の出る通年性のものと、スギ・ヒノキなどによる季節性のものとがあり、季節性の中で特に花粉によるものを俗に花粉症と呼んでいます。患者さんの中にはアレルギー性鼻炎と花粉症は別のものと思っていらっしゃる方も結構おられますので、誤解のない様お願いいたします。

花粉は人体にとっては異物です。異物が体内に侵入すると免疫がこの異物を排除しようと働き始めます。花粉が体の中に毎年、毎年入ることによって体の中に免疫反応がおき「花粉に対する抗体」が増えてきます。抗体がたくさんでき上がってしまうとこんどは花粉が体に入るたびにアレルギー反応が過剰におきます。

つまり鼻の中に花粉が入ると鼻の中で過剰なアレルギー反応がおき「くしゃみ」「鼻水」が止まらなくなります。したがって目の中に入れば目が痒くてたまらなくなり、気管支に入ると咳が止まらなくなることもあります。また、ひどい人になると眼や鼻の症状以外に、発熱までするということで、日常生活や仕事にもかなりの支障をきたします。こんなつらい花粉症も劇的に治せる治療法がレーザー治療なのです。

明らかに花粉症の症状が出てしまっている方は、症状の改善が見込めませんのでレーザー治療は受けていただく事ができません。

レーザー治療をお勧めする方

  • 鼻づまりのひどい人
  • 薬の効きが悪い人
  • 局所的点鼻薬の使用で改善されない人
  • 妊娠中などでお薬を飲めない方

【アレルギー性鼻炎(通年性)のレーザー治療】
レーザー治療を薬物療法以外に行っております。
鼻の中に局所麻酔をしたあとに鼻粘膜表面にレーザーを照射します。粘膜切除する手術療法と違って出血も痛みほとんどなく、手術時間も両側で約10分前後ほどですみます。
最近ではレーザー装置も小型化されこの治療を行っている耳鼻科が増えてきました。花粉症でお困りの方は一度、ご相談ください。

レーザー治療をお勧めできない方

  • 常に多量の鼻水が出ている方
  • 以前にレーザー治療を受けられてあまり効果がなかった方
  • 鼻づまりが鼻炎以外の原因でおこっている方(鼻中隔弯曲症など) 

  

アレルギー性鼻炎(通年性)

小児から大人まで、アレルギー性鼻炎は年々増加しています。これは、大気汚染などによる環境の変化や、食生活の変化などが原因といわれています。アレルギー性鼻炎の症状は、鼻づまりやクシャミ、鼻水といったものです。何に対してアレルギー反応を起こしているのかは個人により異なりますが、1年中症状がある方はダニやハウスダストに反応している場合が多いのです。
通年性アレルギーの方は、症状が長く、内服の服用も長期に及ぶ場合が多いですので、内服薬の軽減のためにもレーザー治療をお勧めします。レーザーの効果も、通年性アレルギーの方は比較的早期に現れます。


生活の中での予防法

  • 掃除
    室内はこまめに掃除して、清潔に。カーテンの汚れも注意しましょう。
  • 風通し
    ダニは高温・多湿が大好きなので、風通しをよくしてダニを予防しましょう。
  • 加湿
    鼻粘膜への刺激を避けるために、室内の乾燥を防ぎましょう。

【アレルギー性鼻炎(通年性)のレーザー治療】
鼻のなかにある出っぱり(下鼻甲介)の肥厚した粘膜をレーザーを照射することにより、気道を広くして、同時に下鼻甲介粘膜にあるアレルギー反応を起こす細胞を変性させて鼻炎の症状を抑えます。
レーザーを照射することにより出血もほとんどなく、痛みも少ないです。入院の必要もありません。

鼻炎

鼻炎には急性鼻炎(鼻かぜ)と慢性鼻炎とがあり、一般的に鼻炎とは急性鼻炎を指します。鼻の粘膜には「リゾチーム」という消炎酵素が溶け、また鼻毛などがあってウイルスや細菌などの侵入や刺激を防いでいます。
しかし、空気が乾燥するとこの働きが失われ、鼻粘膜の抵抗力が弱まり、ウイルスや細菌などの感染を容易にしてしまいます。症状の特徴としては、鼻やのどが乾いて痛み、くしゃみと鼻水がでます。ただし発作性反復性のくしゃみにはあまりなりません。
細菌に感染すると、濃い膿のような鼻汁がでたり、鼻づまりが悪化して、肥厚性鼻炎や慢性鼻炎、蓄膿症、副鼻腔炎などに繋がります。

【鼻炎のレーザー治療】
鼻炎のレーザー治療は鼻の中の粘膜(粘膜上皮と粘膜固有層)を凝固して変性させる事によりアレルギー症状を緩和させる治療です。粘膜下固有層には知覚神経があるので、くしゃみや鼻汁の症状も改善します。
しかし徐々に粘膜は再生するので花粉症が完治するわけではありませんが、シーズン前に治療すればその季節あるいは1~2年は症状が改善されます。もちろん完治させる治療ではありませんので、レーザー治療をおこなっても花粉量の多い年にはシーズン中には薬剤が必要になる事もあります。従来の治療方法に比べて非常に簡便で高い効果があり、この治療の利点は、日帰りで行えること。
また局所麻酔を行いますので、出血や痛みはほとんどなく、20分程度で手術は終了しますので、患者さんの負担が少ない点です。入院の必要もありません。

pagetop